「年金資産形成・401K運用」確定拠出年金ビジネスアカデミー開講

確定拠出年金ビジネスアカデミーについて

確定拠出年金ビジネスアカデミー設立の目的

少子高齢化で老後の公的年金は不足し、スライドの自動調整(支給額の伸びを物価や賃金の上昇より抑える)により、その給付水準(所得代替率/現役世代の所得に対する給付水準)の低下は避けられない状況です。

国は確定拠出年金を公的年金を補完する年金制度の一つとして位置づけはじめとする企業年金の厚み増しに対し、国も政策的な後押しに動いていますが、確定拠出年金の導入支援・コンサルティング、投資教育を実施できる人材は不足しています。

「確定拠出年金ビジネスアカデミー」は確定拠出年金の教育・トレーニングを通じた普及啓発とアカデミー会員の養成によって、すべての皆様の経済的に豊かな老後作りに貢献することを目的に設立されました。

理事長のご紹介
河原氏

理事長河原良一氏

慶應義塾大学法学部法律学科卒業
金融機関にて確定拠出年金制度の企画や制度設計、販売、投資教育など全般的な業務を担当する。
2011年よりSBIグループの確定拠出年金運営及び記録管理機関であるSBIベネフィット・システムズに企業年金アドバイザーとして入社。
現在は各種セミナーの開催、販売支援、投資教育等を担当している。

 

 

はじめての方へ
コース料金
お問い合わせ


確定拠出年金ビジネスアカデミーは、サイトの安全証明のために全ページのSSL化を実施しています。

各種お問い合わせ
お問い合わせ
トップに
戻る